商品リスト

営業日カレンダー

カレンダー上部「>>」をクリックすると
月が変わります。
来月までの予定が
確定したものとなります。
白枠は、10〜18時
オレンジは、10〜16時
グレーは、休業日です。

  • facebook
  • instagram
千代掛:三河縞 紺x灰x赤

千代掛 三河縞 紺x灰x赤

「千代掛」は、当かくいわ芝田オリジナル製品です。 名前の由来は、初代がオリジナルで作り出した「千代田袋」の『千代』を取って千代掛と致しました。 お祭り姿や浴衣など、懐入れに最適なサイズの和柄ショルダー小物入れです。お祭り時の雨や汗などから中に入れた物が濡れない様、弱耐水性の裏地を使用してます。また、側面にパイピングを施して、しっかりとした形状を出します。 芯地にスポンジを挟んで、手触りもソフトに仕上げました。 大変多くのお祭り好きの方に、ご愛用頂いております。また、懐に掛けるタイプですので、温泉地での浴衣姿でお出かけ時や、海外旅行時のパスポート入れなど防犯用にも役立ちます。

三河縞 紺x灰x赤

三河縞とは

愛知意見三河地方で生産される木綿織物。
8世紀頃(平安時代初頭)桓武天皇の頃の記「類聚国史」や「日本後記」によれば、崑崙人(インド人と言われている)が愛知県幡豆郡福地村(現在の西尾市)に綿種を持って漂着した。これが日本の棉の伝来と言われています。 国産木綿がはじめて文献にみえるのは、永正7年(1510年)で興福寺の大乗院に残っている「永正年中記」に年貢180文の分として「三川木綿」をとったとして記されています。
江戸時代には、三河地方で棉の栽培と綿織物が盛んとなり、この地方の織物は「三白木綿」として江戸方面に送られ、さらに西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」というブランド名で全国に知れ渡った。「質の良い綿織物」としてその後今日まで受け継がれています。

中身は濡れない。三層構造

雨の多い鳥越祭の氏子だから考えました。
裏地に合皮を使って雨や汗などから、お札やタバコ、携帯電話を防ぎます。
横型、縦型ボタン、縦型ファスナーの3型をご用意しております。
こちらは、横型です。

■サイズ
[横型]縦13x
×幅18.5×マチ1.3cm

縦17x
×幅14.2×マチ1.3cm

■素材
[本体]表/綿100% 芯地/ウレタン 裏地/合皮
金属製ファスナー(横型、縦型ファスナーのみ)
プラスチック製ボタン(縦型ボタンのみ) [紐、パイピング]アクリル
[紐パイピング、]
※数値はすべて概寸です。

ファスナー

横型・縦型ファスナーには
口元にYKK製ファスナーを施してます。

※色は、柄によって異なります。

肩掛け紐

長さ調節可能です。


※色は、柄によって異なります。

側面

パイピングを仕様して
綺麗なシルエットの形成と
耐久性を維持します。

※色は、柄によって異なります。

※ 小さい画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

千代掛 一覧

千代掛:三河縞 紺x灰x赤

千代掛:三河縞 紺x灰x赤

横型、縦型ボタン、縦型ファスナー
共に \3,456(税込)
型: 
数量:
 

発送までの期間:1週間以内